放射線科で働きたい看護師の志望動機は?

※人気の看護師転職エージェントはコチラ!

放射線科に転職を希望する場合、まずは履歴書の作成をしないといけません。履歴書の中でも志望動機の欄に関しては、面接官に「どうしてもこの医療機関で働きたい」という気持ちがしっかりと伝わるような文章を作成しましょう。志望動機を作成するにあたって、勘違いをしている人が多いようなので一つ注意すべきことがあります。それは志望動機とは「看護師になぜなりたいか?」ではなく「なぜその医療機関で働きたいと思ったのか?」に関して作成する点です。志望動機の所に「母親が入院した時に一生懸命看護している看護師の姿を見て…」のような文章を作成している人も多いですが、これは的外れです。あくまでも応募しようと思っている医療機関に入って仕事をしたい理由を考えていきましょう。

そのためには、病院の特性などをしっかりと把握する必要があります。病院に関する情報は、今ではほとんどの病院が自分のホームページを持っています。このホームページに治療方針やポリシーのようなものがいろいろと書かれていますのでこの情報をうまく織り交ぜていきましょう。放射線科の看護師の場合、「がん治療に力を入れている貴院で、臨床経験を重ね、がんケアの看護技術をより追求しようと思ったから」のような感じで志望動機を組み立てていけば、病院の特性を踏まえられるので、なぜこの病院に就職したいと思ったのかに対する明確な回答になり、人事担当の人にも伝わりやすくなります。

また実際にその病院で仕事をしたと仮定して、将来どのようになりたいのかをイメージできるような文章も志望動機に絡めてみるといいでしょう。自分がその医療機関に就職して、3年後とか5年後、自分がどのようなポジションで働きたいのかを想像してみてください。放射線科の看護師に専念したいと思っているのであれば、看護師の上位資格としてがん放射線療法看護認定看護師があります。この資格を取得してみたいなども志望理由に絡めてみると、いかに真剣に放射線科の看護師として今後は活動していきたいのかが伝わりやすいでしょう。

このように自分の思いを伝えるのではなく、その文章を読む人がどのように感じるのかという点に関しても十分意識して志望動機を作成する必要があります。自分を雇うことによって、病院にとってどのような利益をもたらすのかという点を念頭に入れて文章を作成してみましょう。もしどのように文章を作成すればいいのかわからないというのであれば、転職エージェントのキャリアコンサルタントに相談してみるのも一つの方法です。

放射線科への転職を希望するならココで求人探し!

対応エリア 関東・関西・東海・九州
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 ディップ株式会社