放射線科で働いている看護師のメリットは?

※人気の看護師転職エージェントはコチラ!

看護師の中には、特定の分野に関する知識やスキルを狭く深く追求してみたいと思っている人もいるはずです。そのような看護師にとって、放射線科はうってつけの診療科目といえます。放射線科は文字通り、放射線を使って検査や治療を行います。放射線は使いようによっては私たちにとってプラスにもマイナスにも働きうる繊細なものです。このような放射線を取り扱うためには、専門的な知識を身に着ける必要があります。加えて、患者のケアなども担当しますので一般的な看護技術に関してもしっかりと身に着けられます。

放射線科の看護師は、自分が単独で何かをするケースはあまり多くはありません。医者や放射線技師と治療チームを形成して、患者に対して必要な医療を施していくスタイルが基本です。放射線技師が放射線の照射をはじめとして、医療機器の操作を行います。医者は医者で検査の結果などを見て、その後の治療方針を決めていきます。放射線科の看護師は、治療や検査の前後に患者に対してこれから行われることに関する詳細な説明をして、患者に納得してもらいます。このようにそれぞれの専門分野で仕事をしていき、患者に対して最高の医療サービスを提供します。チーム医療の中に常に身を置くので、コミュニケーションスキルが身につきます。その他にも患者に何らかの変化が出た場合に、迅速に対応できるだけの実行力を身に着けられます。

看護師の中には、夜勤の担当が厳しいので離職するという話をしばしば聞きます。このため、できることなら日勤だけの仕事をしてみたいと思う人もいるでしょう。その他にもママさん看護師で家事や育児と両立していかないといけない人も、夜勤はできることなら回避したいと考える人も多いはずです。そのような人にとって、放射線科の看護師はメリットがあります。放射線科の中には、日勤だけの業務であるケースがほとんどです。入院病棟を持っている施設で、放射線科で受け持っている入院患者がいたとしても、放射線を使った検査や治療は日中に行われます。このため、夜勤の担当をすることはまずありません。

しかし日勤だけになると、夜勤手当が受けられなくなるので病棟担当の看護師が転職した場合、給料が下がってしまうのではないかと思う人も出てくるでしょう。しかし放射線科の場合、数ある診療科目の中でも特殊で専門性の高い診療科です。このため、日勤だけであっても今まで通りの年収を維持できる、求人によっては今よりも年収アップできるケースもありますので、待遇改善への期待も高いです。

放射線科の看護師求人が満載!人気サイトを紹介!

対応エリア 関東・関西・東海・九州
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 ディップ株式会社