放射線科の看護師の求人倍率はどれくらい?

※人気の看護師転職エージェントはコチラ!

放射線科の求人情報を出している医療機関は、ほかの診療科目と比較すると数は限られます。放射線を使った検査機器を置いている所となると、ある程度の規模を抱えた病院になります。個人の意思が運営しているような診療所やクリニックでは、放射線科を独立して設置している所は少ないです。また放射線科を用意している医療機関の中でも、それほど大きな規模でない病院の場合には、ほかの看護スタッフが兼任するケースも見られます。たとえば、入院患者の検査や放射線治療を実施する際には、その患者の付き添いできた看護師に検査のフォローをしてもらうといった切り盛りの仕方をしている医療機関も見られます。このため、放射線科看護師として募集を出している病院は地域の基幹となるような総合病院や大学病院が中心となります。

また放射線科では、それほど大量に看護師の募集をするケースは少ないです。若干名を採用するケースが多いので、場合によっては非公開求人で看護師の募集を行っている可能性もあります。そうなると、自力で求人情報を見つけるのはかなり難しくなります。転職エージェントに登録して、キャリアコンサルタントから案件の紹介を受ける形をとるべきでしょう。このような非公開求人の中には、なかなか放射線科の中でも高待遇の求人が多いです。給料などの待遇を重視して求人探しをしようと思っているのであれば、転職エージェントに登録すべきです。

募集している医療機関が限られる、しかも大量採用している所は少ないといわれると、求人倍率はかなり高くなってしまうのではないかと思う人もいるでしょう。しかし数の少ない割には、そこまで求人倍率は高くなりにくいです。というのも、放射線を日々取り扱っている診療科目ということに対して抵抗感を持ってしまう看護師も多いからです。男性看護師も増加傾向にあるものの、今でもなお女性看護師がそのほとんどを占める業種です。このため、放射線被ばくをするリスクがどうしても頭から離れないという人は多いです。

特に妊娠している人や将来結婚して、もしかすると子供ができるかもしれない若い女性看護師の中には放射線を浴びることで胎児に悪影響をもたらすのではないかと思っている人が多いです。放射線検査や治療をするのは患者であって、看護師自身ではありません。しかも放射線の被曝といっても、ごく少量の被ばくなので、そのような悪影響が出るとは考えにくいです。しかしやはり心配なものは心配として忌避する看護師も多いので、求人倍率が高くなりにくいようです。

求人倍率の高い放射線科の看護師になる近道!

対応エリア 関東・関西・東海・九州
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 ディップ株式会社