放射線科で働いている看護師の仕事内容は?

※人気の看護師転職エージェントはコチラ!

放射線科は文字通り、放射線を使って検査を行っていく診療科目をさします。病気の早期発見をするために欠かせない所です。また放射線は検査のためだけでなく、治療のためにも使われています。放射線治療は、がんの治療に使われているのは一般の人の間でも広く知られていることではないでしょうか?早期のがんから進行性のがんまで、幅広いがん疾患に対して一定の効果が期待されています。特にがん治療の世界では、放射線は重要な役割を担っているといえます。ところでこの放射線科の中で、看護師はどのような役割を果たしているのでしょうか?

放射線などを使って検査や治療は、放射線医師もしくは放射線技師が中心となって行います。看護師は彼らと連携して、よりスムーズに患者の診断や治療を行うためのフォローをしていきます。まずすぐに患者の診断や治療に当たれるように放射線医師や放射線技師の指示に基づき、必要な検査器具の準備を行います。また検査の前後には必要に応じて患者の介助を行います。これから行われる検査や治療に関して、医師の方から患者やその家族に説明がなされているはずです。しかし医師の中には、専門用語も織り交ぜて説明する人もいるので、患者やその家族がきちんと内容を理解できていないケースもあります。その場合には、看護師が補助説明を患者やその家族に対して行うケースもあります。

放射線といわれると原発事故をはじめとして、どうしても世間一般ではネガティブなイメージを持たれかねない傾向があります。そこで患者に照射しても健康面で影響がないかとか、若い女性の場合放射線を照射することで、将来胎児に悪影響が出るのではないかといった心配を抱えるケースも少なくありません。このような患者やその家族の疑問や不安にしっかりとした説明をします。この時看護師が心がけるべきなのは、平易な言葉を使って、だれでも理解できるような表現で説明することです。患者にとって、医者というとどうしても敷居の高いイメージを持つ人がいます。医者と比較すると看護師の方がより身近でいろいろな相談がしやすいと感じる人が多いので、患者やその家族の精神的な支えであると自覚して、ケアを行いましょう。

放射線科で取り扱っている器具は、医療の世界の中でも最新鋭のものが多いです。また大きな病院になればなるほど、先進の医療機器をいち早く導入する傾向も見られます。このため、常に進化をする診療科目でもあるので日々勉強する姿勢を持たないといけません。

放射線科へ転職するならこの転職サイトを使おう!

対応エリア 関東・関西・東海・九州
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 ディップ株式会社