放射線科で働いている看護師のデメリットは?

※人気の看護師転職エージェントはコチラ!

放射線科の看護師として働くのには、デメリットもある点はあらかじめ理解しておくべきでしょう。その中でも放射線を日常的に取り扱っている診療科であることに、リスクの伴う可能性があります。放射線に日常的に接するということは、放射線による被ばくのリスクがどうしても出てきます。もちろん医療機器から照射される放射線は、人体に即座に影響の出るような多量の被ばくを行えないようにしています。しかもがんの放射線治療の場合、患者の症状が改善できる見込みがあると思って行われるわけですから、それほど危険性が高いわけではありません。しかもあくまで放射線の照射を受けるのは主に患者であって、放射線技師や医者、看護師が直接浴びることもまずあり得ません。その部分に関しては、危険性はかなり低いといえます。しかし脅かすわけではありませんが、被爆をゼロにできるかというとそうではない点もしっかりと理解しておきましょう。

そこでもし放射線科の看護師として転職しようと思っているのであれば、このような被爆リスクに対してどのような取り組みをしているのかを確認しましょう。ある医療機関の放射線科では、定期的に所属するスタッフ全員に対して健康診断を実施している所もあります。このような健康診断を定期的に実施することで、人体に影響の出ない範囲で放射線を取り扱えているかどうかのチェックができます。そしてもし放射線が原因とみられるスタッフの体の異常が発見された場合でも、速やかに治療を実施できます。血液検査などを実施して、放射線科のスタッフの健康管理に対して万全の態勢を整えているかどうか確認をしておきましょう。

このような定期検診を行っているかどうかに関して、求人情報で詳細な説明の行われていないケースが多いです。しかし転職エージェントに登録して、キャリアコンサルタントのサポートを受ければ、情報を提供してくれます。キャリアコンサルタントは実際に医療機関を訪問していることも多く、内部情報に通じている人も多いです。健康診断などの放射線対策ができているかどうかも、情報を握っている可能性は高いです。放射線の怖い所は、その場で症状が出るのではなく、しばらく時間が経過してから症状が顕著になるケースも少なくない所です。もし放射線科のような専門性の高い所で仕事をしてキャリアアップしたいでも被曝が心配というのであれば、健康診断などを行っている医療機関に応募しましょう。

放射線科の看護師求人情報が満載!サポート充実!

対応エリア 関東・関西・東海・九州
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 ディップ株式会社