放射線科の看護師の採用基準は?

※人気の看護師転職エージェントはコチラ!

放射線科は、現在進行形の診療科目といえます。このため、次から次へと新しい治療法や医療機器が登場してくる可能性は大いにあります。ですから看護師の転職先としては、かなり専門性を要求される求人だと思っておきましょう。このため、放射線科の看護師求人の情報の中には、経験者を応募対象にしているものや経験者を優遇する案件が数多く出ています。もし放射線科で勤務経験を持っているのであれば、転職活動する際にはその点に関してアピールしてみるといいでしょう。

専門性の高さを客観的に証明できるものがあれば、より採用される可能性があります。現在看護師の上級資格として、認定看護師の資格があります。認定看護師とは、ある特定の分野において高い専門知識やスキルを持っている人を対象にして交付される資格です。2010年には、がん治療における専門性の高い看護師のニーズの高まりからがん放射線療法看護認定看護師が新たに制定されました。がん放射線療法看護認定看護師とは文字通り、がん治療において放射線治療を受ける患者に対する看護に関する専門的なスキルを持っていることの証明となる資格です。放射線治療を効率的にかつ安全に患者に対して実施できるような看護ケアを行える能力を持っている看護師に対して、与えられます。

がん放射線療法看護認定看護師の資格を取得するためには、放射線治療に関する専門的な知識を持っているのはもちろんのこと、がん治療全般に対する専門的な知識を持っていないといけません。このため、放射線科の守備範囲ではない知識に関しても勉強する必要があります。しかしそれでもがん放射線療法看護認定看護師の資格を取得すれば、放射線科で治療を受ける患者に対して、レベルの高い看護ケアサービスの提供ができるようになります。またがん放射線療法看護認定看護師を持っている人に対して、医療機関の評価もアップします。転職の選択肢も広がるのではないでしょうか?

ただし、各医療機関がどのような採用基準で放射線科の看護師を募集しているかに関しては、なかなか世間一般で公表されない傾向があります。しかし看護師専門の転職エージェントであれば、このような内部情報に関しても精通している可能性があります。もし確実に自分の能力や経験で採用してくれる医療機関を見つけたいのであれば、転職エージェントへの登録も検討してみましょう。キャリアコンサルタントが、皆さんの働きたい職場の条件も加味して適した求人情報を紹介してくれるはずです。

放射線科に採用されたい看護師必見!人気サイト!

対応エリア 関東・関西・東海・九州
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 ディップ株式会社